柔道整復師と理学療法士の違い|何が違うの?給料はどっちがいい?

柔道整復師

今さら聞けない、柔道整復師と理学療法士の違いとは?

まずは、柔道整復師と理学療法士の違いを解説していきましょう。

柔道整復師とは?

柔道整復師は、『ケガ(外傷)を治す専門家』です。

柔道整復師は、接骨院の先生やスポーツトレーナーなどの場で活躍しており、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの怪我を、手術を行わずに、整復・固定などの治療を行うことができる国家資格を持つ専門家です。

柔道整復師養成施設である専門学校や大学で3年以上勉強したのちに、国家試験に合格する事で、資格を取得することができます。

理学療法士とは?

理学療法士は、『リハビリテーションの専門家』です。

怪我や病気などが原因で、現状体に障害を持っている人に対して、運動療法(リハビリテーション)や物理療法(電気刺激、温熱)などを用いて、動作能力の回復を目指します。

理学療法士養成施設となっている3年以上の専門学校や大学などを卒業し、国家試験に合格する事で、取得することが出来る国家資格です。

柔道整復師と理学療法士の3つの違い

そんな柔道整復師と理学療法士は、似ているように感じられる方も多いですが、大きな違いがいくつかあります。

 

●医療行為できるかどうか
●保険適用されるかどうか
●開業権があるかどうか
●職場が違う

医療行為できるかどうか

まず、柔道整復師と理学療法士では、上記で紹介した通り、専門分野が異なります。

柔道整復師は『ケガを治す専門家』として、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などのケガに対し、自ら患者さんを診察・診断を行い、治療・施術を行うことができます。
そのため、柔道整復師は、自らの意思だけで医療行為を行うことができます。

一方で理学療法士は『リハビリテーションの専門家』ですが、自身だけでは診断や治療はできず、リハビリを行うにも医師の指示が必要です。
そのため、理学療法士は、自らの意思だけでは医療行為を行うことができません。

柔道整復師は、医師などに次いで、直接医療行為が許されている数少ない医療系国家資格のひとつなので、まずここが大きな違いの一つです。

保険適用されるかどうか

また、上記の通り、柔道整復師は医療行為が許されているので、接骨院・整骨院で治療を受けた場合、健康保険を利用することができます。

一方で、理学療法士単独のリハビリテーションを受けても、健康保険を利用する事はできません。

ここで誤解して欲しくないのですが、医師の指示のもとで行うリハビリは、医療保険を利用して受けることができます。
また、デイケアや訪問リハビリテーション等も、介護保険であれば利用できます。

この保険適用に関しても、大きな違いがあります。

開業権があるかどうか

さらにもう一つ、柔道整復師と理学療法士の大きな違いとして、開業権があるかどうかがあります。
医療系国家資格の中でも、開業を認められている資格は実は多くありません。

柔道整復師は、医師や歯科医師などと同様に、接骨院や整骨院などの、自身の治療院を開業することができます。

一方、理学療法士は、医師の診断がなければリハビリを行えないことからも分かる通り、独立開業することができません。

昨今では、理学療法士にも関わらず、整体やリラクゼーション施設などを開業している方も少なくありませんが、こちらはあくまで保険対象外の医療行為ではありません。
医療に関わりがない方は勘違いしやすいのですが、治療行為は一切できないので、注意してください。

職場が違う

また、柔道整復師の主な職場は、接骨院、整骨院、整形外科などを中心に、スポーツドクターなどの現場まで幅広くあります。
特に医師がいなくとも医療行為が可能で、開業権もあるため、職場の選択肢は豊富です。

一方、理学療法士の主な職場は、医師がいる整形外科や脳神経外科、介護施設になります。
昨今では整体やリラクゼーション施設などでの求人もありますが、厳密には理学療法士の資格を使った職場ではありません。

柔道整復師と理学療法士の違い|給料面

柔道整復師と理学療法士では、給料面ではどんな違いがあるのでしょうか?

結論から言えば、新人時代は柔道整復師と理学療法士の平均収入の差はなく、年々柔道整復師の方が高額に推移し、差が開いていくようです。

柔道整復師の給料に関してはこちら。

【柔道整復師の本音】給料が安い?将来性がない?
柔道整復師の本音を接骨院の息子が明らかにします。 給料は本当に安い?将来性はない?柔道整復師を目指す方なら本当に知りたいポイントにきりこみました。 柔道整復師の本音が気になる方は要チェックです。

理学療法士の給料に関してはこちら。

理学療法士の給料は安い?院卒なら安くない?本当のこと教えます
理学療法士の給料は安い?院卒なら高い?病院とクリニックならどっちが高い?など、理学療法士の給料に関する気になるポイントを教えます。将来理学療法士を目指している方、迷っている方、転職を考えている方は要チェックです。

柔道整復師と理学療法士のダブルライセンスは価値ある?

柔道整復師と理学療法士のダブルライセンスを取得することも可能です。

ただし、柔道整復師が理学療法士の資格をとる価値があるかは正直微妙なところ。

というのも、理学療法士ができることのほとんどは柔道整復師でできます。

もちろん理学療法士が柔道整復師の資格をとるのは、やれることが大きく広がるので効果はありますが、一から学校に行くことも考えると、難しいところ。

金銭的な問題で検討しているのであれば、転職がおすすめです。

柔道整復師と理学療法士の転職はあり?

こちらでは柔道整復師や理学療法士におすすめの転職サイトを載せておきます。

もちろん、完全に別の業務に映るのであれば、ここよりもマイナビ転職や、ビズリーチなどをお勧めしますが、あくまで資格を生かしつつ、現状よりも給料のいいところを探すということでしたら、こちらがお勧めです。

登録は無料なので、どんな求人があるか見るために登録しておいてもいいかもしれません。

理学療法士におすすめの転職サイト【リハビリのお仕事

柔道整復師におすすめの転職サイト【three-sides

全く別の職業に転職する【未経験ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました