柔道整復師になるには?学校は何を選べばいい?気になる質問に答えます

柔道整復師

『柔道整復師になるにはどうすればいい?』
『学校は専門学校?大学?どっちがいいの?』
『合格率は?給料とかも知りたい!』

こんな疑問を持っていませんか?

ここでは、柔道整復師を目指す人、柔道整復師が気になってる人が知りたい疑問に答えます。

– 本ページの内容 –
○柔道整復師とは?
○柔道整復師になるには?専門・大学の違い
○柔道整復師の合格率は?

柔道整復師とは?

まず、柔道整復師とはどんな仕事なのか?解説しておきます。

「それはわかってる!柔道整復師になる方法が知りたい!」

そんな方は、こちらをタップすれば『柔道整復師になるには?』までスキップできます。

柔道整復師とは?何ができるの?

まず、柔道整復師は、「ほねつぎ」「接骨師」「接骨院」「整骨院」などといった名前でも呼ばれる職業です。

特に『怪我』を治療(正確には施術)する職業です。

ただし、医師と違い、全ての怪我を治療できるわけではありません。

柔道整復師は、「骨」「関節」「筋」「腱」「靭帯」などの部位に、外傷性がある原因(外から影響を受けた原因)によって発生するなどの損傷に対した治療のプロです。

また治療方法も、手術のような外科的措置ではなく、「非観血的療法」という整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させて、治します。
そのため、正確には「治療」ではなく、「施術」と言われています。

さらに、柔道整復師資格は国家資格です。

解剖学、生理学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学などの基礎系科目と、柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規、外科学、リハビリテーション学などの臨床系専門科目を

『骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷』などの体の外傷の一部に対して、医療行為が許されている国が認めたプロが、柔道整復師です。

柔道整復師になるには?専門・大学の違い

ここからは、柔道整復師になる方法を解説していきます。

上記で触れた通り、柔道整復師は国家資格を取得する必要があります。

資格を取るには国が指定する専門施設で、決められた年数(三年間以上)の教育を受ける必要があります。

「独学して資格だけ取る」などはできないので注意しましょう。

具体的には、専門学校と大学(短大含む)のどちらかに進学する必要があります。

ここからは専門学校と大学の違いを解説していきます。

柔道整復師になる方法①:専門学校(短大)

まず、柔道整復師になる方法として、専門学校があります。

専門学校で柔道整復師の資格を取る場合、以下の4つの特徴があります。

  • 修学期間が3年で資格取得が可能
  • 授業内容、科目が柔道整復師資格に必要なものに特化
  • 実技授業・就職支援が比較的手厚い
  • 大学よりは学費が安く済む

柔道整復師になる方法②:大学

次に大学です。

大学で柔道整復師の資格を取る場合、以下の4つの特徴があります。

  • 修学期間は通常の大学通り4年間。
  • 最終学歴は大卒になる。
  • 授業内容は一般教養科目も学べる。
  • 比較的時間にゆとりがある。

柔道整復師になるには?専門学校と大学の違い

以上を踏まえて、専門学校と大学の違いをまとめておきます。
主に以下の5つがあります。

ポイント 専門学校 大学
①修学期間 3年 4年
②最終学歴 短大卒・専門学校卒
(企業によっては高卒)
大卒
③授業内容 柔道整復師資格に必要な科目に特化
※必要な知識・技術・マナーなども学べる
一般教養科目まで選択可能
④就職支援 推薦などがあり、支援が比較的手厚い 専門ほど支援なし
⑤学費相場 300〜400万(あくまで相場) 500〜600万(あくまで相場)

なるべく経済的負担を抑えたい場合は、専門学校の方が『学費も安く』『最短で3年で働ける』のでお勧めです。
就職先への支援も、専門学校の方が比較的『手厚い』ところが多いです。

一方で、まだ将来に迷っていて、柔道整復師一本に絞らずに勉強しながら考えたいのであれば、大学を選んでおくと、『応用』が効きます。
高校卒業と同時に将来を決めるというのは、難しいですもんね。
大学の方が様々な学問に触れたり、考える時間も作りやすいです。

柔道整復師の合格率は?専門学校と大学どっちがいい?

さらにみなさんが気になるのは合格率ですよね。

柔道整復師の資格試験は毎年3月に行われていますが、毎年60〜70%の方が合格しています。

2020年のデータを元に、専門学校と大学の合格率の平均を出してみました。

令和2年3月
専門学校 大学
合格率(全体)
58.5% 63.0%
合格率(新卒) 82.4% 83.4%

(参照:第28回柔道整復師国家試験 合格者数・合格率

全体での合格率は大学の方が高い合格率なので、一見大学の方が合格率が高そうに見えますが、新卒の受験者だけを見ると、ほとんど差がありません。

もちろん年によって変動はありますが、どちらが特別合格率が高いなどはないようです。

なので、合格率だけで専門学校か大学かを選ぶのは、あまりお勧めしません。

柔道整復師になるには?学校は何を選べばいい?まとめ

今回は柔道整復師になる方法と、専門学校と大学どちらを選ぶべきかを解説しました。

将来を考える必要がある方は『大学』が、柔道整復師を決意しているのであれば、少しでも早く一人前になる『専門学校』がおすすめです。

ただ経済的な面もあるので、それも考慮して考えましょう。

この記事が、みなさんの将来に、少しでも力になれたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました